教育カリキュラム

東都ファーマシーグループでは、経験年数ごとの教育カリキュラムを組んで、キャリアアップを図っています。効率よく確実にキャリアアップしていくために、私たちは独自のチェック表を作成して、各段階での目標を自分自身でも確認できるようにしています。また、初期研修制度として、各担任委員がきめ細やかに指導します。メンタル面や成長面のチェックも定期的に行い、サポートします。

1年目の教育内容

薬剤師としての基礎を学ぶ

  1. ①基本的な調剤技術を正確かつスピーディーに実施
  2. ②処方鑑査(相互作用や用量の問題をすばやく発見し解決する)
  3. ③患者の状態、病態を処方せんから読みとる
  4. ④疑義照会(疑わしい点があれば迅速に医師に確認する)
  5. ⑤調剤報酬算定、請求などを理解する
  6. ⑥患者への服薬指導

2~3年目の教育内容

全体を把握する力を身につける

  1. ①知識やマナーの向上:正しい知識で投薬時に患者からの信頼を得る
  2. ②発注業務:薬の動きを知り、デッドストックを解消
  3. ③在宅研修:薬局に来られない患者を自分の目で見て学ぶ
  4. ④DI業務:副作用や相互作用の知識を貯え、見逃さない力をつける

4~5年目の教育内容

病棟薬剤師としての実践(病院研修)

  1. ①注射薬調剤の知識や技術の習得:基本講義、見学および実践トレーニング
  2. ②病棟薬剤師: 先輩薬剤師と症例検討を繰り返す中で、「疾患」「薬物治療」の知識、技能を深めていくカンファレンスへの参加、委員会の担当など実践の中で自己を磨く

TOP PAGE